Green, blue and etc.

Cameras: SONY α7S, OLYMPUS OM-D E-M1, DMC-GM5, DMC-GF7, FUJIFILM X-T2

日比谷公園的夕景から丸の内的夜景へ

f:id:kitakaze2018:20201129024025j:plain

 こちらも先々週かもうちょっと前の日比谷公園。銀杏もかなり葉を落としていましたが、かろうじて残っている木をさがしました。結構ばらつきがありますね。例によって出かけるのが遅いので、すでに陽が傾き始めてます。

 

f:id:kitakaze2018:20201129024223j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129024032j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129024234j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129024230j:plain

 

比較的暖かかったせいか、少し人出が増えてきました。

f:id:kitakaze2018:20201129024218j:plain

 

公園をでていつもの丸の内方面へ。

f:id:kitakaze2018:20201129024041j:plain

 

ライトアップが始まってました。クリスマスということでしょうかね。。

f:id:kitakaze2018:20201129024046j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129024037j:plain

 

これはもう何度も撮っているオブジェ。

f:id:kitakaze2018:20201129024724j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129024057j:plain

あ、やっぱりクリスマスシーズンなのか。

 

f:id:kitakaze2018:20201129024052j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129012506j:plain

 やっぱし、街行く人におしゃれ感がありますね。

 

f:id:kitakaze2018:20201129012502j:plain

 

f:id:kitakaze2018:20201129012514j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129012458j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129012517j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129012521j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129012510j:plain

 

あ、東京駅方面まできちゃいましたね。

f:id:kitakaze2018:20201129024837j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129024902j:plain

 

シマシマ好き。。

f:id:kitakaze2018:20201129024855j:plain

というわけで、比較的よく歩いたスナップでした。

 

 

落葉回収

f:id:kitakaze2018:20201129002555j:plain

床屋さんの帰りに羽根木公園に立ち寄ってきました。
少しくらいはイチョウの黄葉が眺められるかと思いましたが、かなりの葉が強風にむしられて、掃除隊の皆さんが回収されてました。

それでもまあ、なるべく葉の残っている方向にカメラを向けて。

f:id:kitakaze2018:20201129002618j:plain

 

しかしあまりにも北風が強すぎ。
砂煙もうもう、という感じで目も開けてられないので、とりあえずノーファインダーで撮って、あとでひたすらトリミング。。

f:id:kitakaze2018:20201129002623j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129002559j:plain

 

 

f:id:kitakaze2018:20201129002603j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129002608j:plain

 

手前の枝にフォーカスしたつもりでしたが、まあいいか。

f:id:kitakaze2018:20201129002612j:plain

f:id:kitakaze2018:20201129002636j:plain

 

ちなみにこの日のレンズはマイクロフォーサーズSIGMA 30mm F1.4のみ。寄れますよれます。。

f:id:kitakaze2018:20201129002631j:plain

 だんだん寒くなってきましたね。

神宮外苑銀杏並木

f:id:kitakaze2018:20201129010854j:plain

先々週くらいだったか、銀座線に乗ったついでに神宮外苑前の銀杏並木を見てきました。毎年、タイミングを外してしまいますが、今回も遅かったようで。
大量の落葉が歩道に敷き詰められていました。

 

f:id:kitakaze2018:20201129010850j:plain

しかも、夕刻だったのでやや暗め。本当は午前の光で撮った方がきれいなんだけど、最近休日は昼過ぎまで起きだせません。。

 

f:id:kitakaze2018:20201129010825j:plain

 

f:id:kitakaze2018:20201129010806j:plain

来年こそはベストのタイミングでいきたいものです。

京都小旅行 のこりもの

 

f:id:kitakaze2018:20201114033707j:plain

一泊の小旅行ネタでずっと引っ張ってますが、のこりものの画像でもう一回。
内容にまったくまとまりありませんが。

 

f:id:kitakaze2018:20201114033330j:plain

 基本的に身の周りのもののブランドにこだわりはないんだけど、スニーカーは何となくニューバランス主義。ひとが履いているのをみるとつい見てしまいますね。

 

f:id:kitakaze2018:20201114033334j:plain

あと、知らない地方都市に行くと、東京で見慣れたチェーン店に足が向いてしまう。京都だと駅地下のスタバとラーメンの一風堂に行きがち。
ところで、何とか&DELUCAのトートバッグってなんでみんな持ってるんだろ。

 

f:id:kitakaze2018:20201114033618j:plain

実に空気の透き通った休日でした。

旧三井家下鴨別邸に行ってきました。

f:id:kitakaze2018:20201114033631j:plain

f:id:kitakaze2018:20201114033625j:plain

f:id:kitakaze2018:20201114033529j:plain

 

f:id:kitakaze2018:20201114033532j:plain

f:id:kitakaze2018:20201114033536j:plain

f:id:kitakaze2018:20201114033540j:plain


川べりを歩く人が気持ちよさそう。

f:id:kitakaze2018:20201114033545j:plain

 橋のそばに担々麺の看板があったので、昼食はそちらへ。といってもなぜかケーキ屋さんとか関係ないところに看板が掲げられており、場所が分からずかなりとまどう。ぐるっと裏に回り込むと、外からは全くわからない立て付けの店がありました。ここ、なかなか美味しかった(と言いつつ店名を覚えてない。こういう時こそ写真を撮っておけば、と思う)。
お昼時なのに客がまったくいなかったけど、まあ頑張ってほしいものです。

今回はよく歩きました。

f:id:kitakaze2018:20201114033325j:plain

旧三井家下鴨別邸から銀閣寺まで歩いて40分弱、というところでしょうか。微妙な距離だけど、地下鉄とかバスに乗る手間を考えると、天気のいい日はのんびりと外を歩きたい。

 

f:id:kitakaze2018:20201114033657j:plain

哲学の道をたどって南禅寺方面に向かう途中、渋い色に退色した消火器箱(?)を発見。あるいは退色したんじゃなく、初めからこういうビンテージ風の仕上げなのか。

f:id:kitakaze2018:20201124212203j:plain

f:id:kitakaze2018:20201114033339j:plain

f:id:kitakaze2018:20201114033702j:plain

 

 

 

f:id:kitakaze2018:20201114033359j:plain

祇王寺の帰りに立ち寄ったトロッコ嵯峨駅のSL展示。
まさに巨大な鉄の塊。これに大量の石炭と水を背負って走っていたのかと思うと、その重量たるやすさまじかったんだろうな。。

 

f:id:kitakaze2018:20201114033347j:plain

f:id:kitakaze2018:20201114033352j:plain

 

ただの駅の階段。。

f:id:kitakaze2018:20201114033711j:plain

 

 公共建築って基本的には分かりやすくあるべきだ、と思うので京都駅のつくりは個人的にイマイチ。

f:id:kitakaze2018:20201114033609j:plain

とは言え、時間帯によって表情が変わる建物は楽しい。

f:id:kitakaze2018:20201114033614j:plain

 という訳で、京都ねたはそろそろ終わりです。